第十二回JCOMM
the 12th Japanese Conference On Mobility Management

第十二回日本モビリティ・マネジメント会議の詳細な内容を以下に掲載します。(資料は会議終了後に順次掲載いたします。)
※タイムテーブル、セッションタイトル等は変更の可能性があります
 1日目:7月28日(金)
 開催地企画  『九州のエリアマネジメントとMM戦略』
 10:00-12:00 
○講演(40 分)
  清水 信彦(西日本鉄道株式会社 上席執行役員 自動車事業本部長、 We Love 天神協議会 前理事長)
  「天神・博多のエリアマネジメントとモビリティ」

○パネルディスカッション(80 分)
  「エリアマネジメントとモビリティ」
   コーディネーター:坂井 猛 (九州大学大学院 教授)
   パネリスト   :清水 信彦(西日本鉄道株式会社 上席執行役員 自動車事業本部長)
            中嶋 敬介(博多まちづくり推進協議会事務局長、 JR九州事業開発本部企画部担当部長)
            守田 剛 (福岡市住宅都市局都市計画部長)
            八尋 和郎((公財)九州経済調査協会事業開発部長 兼 BIZCOLI 館長)
 
 オープニングセッション
 13:00-14:40 
 ◇ 開会挨拶(5分) 藤井 聡 (JCOMM代表理事、京都大学大学院 教授)
 ◇ 祝辞(10分) 佐々木 良 (国土交通省 九州運輸局 局長)
 ◇ 特別講演(60分) 坂井 猛 (九州大学大学院 教授)
「九州福岡が目指すゲートウェイの景」
 ◇ JCOMM賞授賞式(20分) マネジメント賞(1件)/プロジェクト賞(2件)/デザイン賞(2件)/技術賞(1件)
 
 平成29年度JCOMM賞受賞展示
 会期中展示      
受賞種別 題目 受賞者 資料
エコ通勤90%増を達成!豊橋市役所職員を対象とした
10年間のモビリティ・マネジメント
豊橋市  
NPO法人再生塾による10年間にわたる総合的な
交通政策の実現を担う人材育成と支援の取り組み
NPO法人持続可能なまちと交通をめざす再生塾  
産官学民の連携・協働による、地域にふさわしい、
住民目線で身の丈にあった持続可能な
おでかけ交通「ぐるっと生瀬」の運行とまちづくり
「ぐるっと生瀬」運行協議会
猪井博登(大阪大学大学院工学研究科)
山室良徳(中央復建コンサルタンツ株式会社)
阪急タクシー株式会社
西宮市
国土交通省神戸運輸監理部兵庫陸運部
国土交通省近畿運輸局
 
仙台市地下鉄東西線各駅周辺散策マップ 仙台市青葉区役所まちづくり推進課
仙台市若林区役所まちづくり推進課
仙台市青葉山まちづくり推進協議会
地域のお宝探検隊
片平散策マップ作成委員会
仙台市八木山市民センター
 
大和市における健康モビリティ・マネジメント・
ツールキット「日々の足から健康習慣」
大和市
片桐 暁
齋藤 綾
中原 慎二
筑波大学公共心理研究室
 
モビリティ・マネジメントにおける動機付け情報の
態度変容効果の実証分析
藤本 宣(清水建設株式会社)
谷口 綾子(筑波大学システム情報系)
谷口 守(筑波大学システム情報系)
藤井 聡(京都大学大学院工学研究科)
 
 
 ポスター発表A 、口頭発表ツール展示
 14:40-16:00
発表
番号
題目 発表者 所属 資料
PA-01 富山市における小学生への交通環境学習(のりもの語り教育)の取り組みについて 長森 貴弘 富山市都市整備部交通政策課
PA-02 バス車内のマナー啓発コミュニケーションと効果検証―筑波大学循環バスを対象として― 藤村 美月 筑波大学大学院システム情報工学研究科
PA-03 交通ゲームの開発と実践概要について~ 永見 正行 TMO
PA-04 国民健康保険特定保健指導におけるモビリティ・マネジメント―健康福祉部署と都市交通部署の連携によるプログラム― 佐々木 洋典 筑波大学大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻
PA-05 高齢者向け豊田エコ交通出前教室の開発 加藤 透 公益財団法人豊田都市交通研究所
PA-06 鉄道駅周辺の地域特性を活かしたモビリティ・マネジメント事業の展開~もりおか総合交通戦略における3年間の取組~ 増子 翔太 株式会社ケー・シー・エス東北支社
PA-07 全国におけるMM教育の実施状況や課題について 岡本 英晃 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団
PA-08 松江「まち歩きバスマップ」の制作と効果の検証~学生主体のまち歩き・バス利用促進MMプロジェクト~ 飯野 公央 島根大学法文学部
PA-09 地域のリソースを有効活用した持続可能なMMの構築~地域特性に応じたMM手法の試行~ 神田 佑亮 呉工業高等専門学校
PA-10 小学校における「歩くまち・京都」プロジェクト~モビリティ・マネジメント教育の継続的・広域的展開に向けて~ 矢内 克志 京都市都市計画局歩くまち京都推進室  
PA-11 仙台市における「せんだいスマート」の取組 田原 香織 仙台市都市整備局総合交通政策部公共交通推進課
PA-12 札幌市内全小学校への拡大的展開を見据えたMM教育の実践的取組み 佐々木 健市 札幌市まちづくり政策局総合交通計画部  
PA-13 福岡市交通局発行の交通ICカード「はやかけん」を使った全自動パーク&ライド 間地 信夫 パーク24株式会社モビリティ研究所
PA-14 市内全小学校(13校)での小学生向けモビリティ・マネジメントの普及展開・深度化について 保坂 富士雄 秦野市都市部公共交通推進課
PA-15 中山間地域におけるICTを活用した移動需要の創出 中嶋 清則 京都府建設交通部交通政策課  
PA-16 公共交通利便性の高い地域における学校教育MMの実施効果の計測~さいたま市を対象として~ 宮木 祐任 一般財団法人計量計画研究所都市・地域研究室
PA-17 地域の交通環境が高齢者の免許返納に与える影響 青沼 直弥 山梨県庁  
PA-18 大分県内における観光客の流動を促進するための交通体系整備の課題―大分空港における観光行動パターンの聞き取り調査からの考察― 大田 嘉一郎 大分大学経済学部経営システム学科交通論研究室
PA-19 宇陀市内におけるMMによる地域公共交通に対する意識の醸成・利用促進に向けた取組みについて 田中 徳人 宇陀市企画財政部企画課
PA-20 「バス旅ひょうご」キャンペーンにおける販売プロモーションとモデルルート提案による観光利用者の特性 井上 学 平安女学院大学国際観光学部
PA-21 新路線バスの実証運行及び利用促進の推進による地域公共交通の再構築に向けた取り組み 城平 徹 株式会社ケー・シー・エス東京支社
PA-22 帯広市における小学校を対象とした交通環境学習の取組み 新森 紀子 一般社団法人北海道開発技術センター  
PA-23 京都市交通局(市バス)路線沿線における地域主体のモビリティ・マネジメントと一体となった路線・ダイヤの拡充について~最近の取組状況とバスのご利用状況~ 児玉 宜治 京都市交通局自動車部運輸課
PA-24 ガリバーマップから始まるMM教育の縁 中津 留幸紀 川西市みどり土木部道路公園室道路整備課  
PA-25 複数回参加を促すワークショップの工夫とコミュニティバス利用意向への効果~岐阜県美濃加茂市をケーススタディとして~ 西尾 和也 名城大学大学院理工学研究科社会基盤デザイン工学専攻
PA-26 バスロケーションの長期間保存データを用いた到着予想時刻のリアルタイムサービスに向けた基礎的分析 名倉 陽太 山梨大学大学院工学専攻
PA-27 鳴門西パーキングエリア地域連携推進協議会による高速道路施設のコミュニティ連携 林 英樹 西日本高速道路株式会社四国支社総務企画部事業開発課  
PA-28 福岡都市圏における市民参加型MM「まち歩かんね、クルマ減らさんね運動」の取組紹介 野村 文彦 計画課(課長)/国土交通省九州地方整備局福岡国道事務所  
PA-29 公共交通オープンデータ形式準拠DBを備えたコミュニティバス運行管理支援システムの開発 稲永 健太郎 九州産業大学  
PA-30 遅延状況、混雑状況の提供を主目的とした、バス運行情報システムの導入 石川 功 沖縄職業能力開発大学校生産電子情報システム技術科  
 
 企画セッション  『公共交通のリスクマネジメント』
 16:00-18:00 
【趣旨】
 平成28年4月に発生した熊本地震は、九州新幹線の脱線や高速道路の断絶など、地域間輸送に大きな被害をもたらしました。復旧作業は予想を上回る速さで進んだものの、支援物資や支援者の輸送、地域経済などに大きな影響がありました。一方で車庫の被害や多くの道路区間での通行止めにより、路線バスや市電は運休せざるを得ないなど、域内輸送にも影響を及ぼしました。一般道路での慢性的渋滞のために、地震直後だけでなく、復旧の過程でもバス輸送は遅延が続き、一年が経過した現在でも需要が元に回復しないなどの影響が続いています。
 本企画セッションでは、熊本地震直後の公共交通の被害把握と復旧方策にイニシアチブを発揮した国土交通省九州運輸局のリスクマネジメント方策を、JR九州による九州新幹線の脱線の状況と復旧プロセスを、九州産交バスによる路線バス運行の復旧経緯と熊本地震によって顕在化した地方バス輸送事業のリスクに関する課題を、岩手県で地域づくり支援を行なっているNPO法人より東北大震災後の公共交通の復旧の経験や課題について報告を受けます。その後、災害に備えた公共交通機関のリスク管理のあり方と需要回復のための方策などについて議論します。

  コーディネーター:溝上 章志(熊本大学大学院先端科学研究部 教授)
  情報提供    :本田 和久(国土交通省九州運輸局交通政策部 部長)
           中島 英明(九州旅客鉄道(株)新幹線部工務課 課長)
           河合 賢一(九州産交バス株式会社 取締役・管理本部長)
           若菜 千穂(NPO法人いわて地域づくり支援センター 事務局長
 
 意見交換会   会場:グラナダスィート
 18:30-20:00
 
 
 2日目:7月29日(土)
 口頭発表1 『教育・成長とMM』
 09:00-10:00
【趣旨】 モビリティ・マネジメントの適用対象は、子どもから高齢者まで広がってきています。地域にとって望ましいモビリティを実現し、それを長期的に持続させるためには、様々な主体に働きかけ、そして主体的な行動へと繋げていくことが不可欠です。 本セッションでは、多様なライフステージで展開されるMMに着目して話題提供をいただきます。話題提供を通じて、今後のMMの展開の仕方を探っていければと考えています。
 
発表番号 題目 発表者 所属 資料
O-01 子どもの成長過程に合わせた交通事業者による
MM教育プログラムの企画と実践
~平成28年度弘南バス「バスぷらすプロジェクト」について~
大野悠貴 弘南バス株式会社
O-02 中山間地域におけるまちづくりマネジメントの取り組みと
その効果~個人とコミュニティの成長プロセスに着目して~
福井のり子 株式会社バイタルリード
O-03 幼少期の生活環境と成人後の「大衆性」との関連分析 谷口綾子 筑波大学大学院
システム情報工学研究科
 
 
 企画セッション 『モビリティ・マネジメントの担い手を育む』
 10:00-12:00
【趣旨】
 効果的なモビリティ・マネジメント(MM)が継続的に各地で実施されるためには、その担い手が必要です。ですが、MMに携わる人の中には、それぞれの地域で孤軍奮闘し、悩みを抱える人も少なくありません。一方で、MM・交通まちづくりに取り組む人々が集まり、学び合うことで、課題を共有して解決の方途を探るとともに、持続的なまちの発展に向けてサポートしあう体制を構築しようとしている取り組みもあります。
 本企画セッションでは、MM・交通まちづくりに携わる者の学びの現場の様子を紹介してもらい、現場でつまずきやすいこと、学びに効果的な取り組みや工夫、課題や取り組んでみたいことを参加者と共有したいと考えています。

  コーディネーター:原 文宏  ( 一社)北海道開発技術センター理事)
  情報提供    :本田 豊  (NPO 法人持続可能なまちと交通をめざす再生塾(兵庫県))
           大井 尚司 (Q サポネット世話人(大分大学経済学部准教授))
           高山 純一 (K.cat 代表(金沢大学理工研究域環境デザイン学系教授))
           伊地知 恭右(NPO 法人まちもびデザイン事務局長((一社)北海道開発技術センター))

(12:00-13:10 休憩・昼食)
 JCOMM総会
 12:00-12:30
 
 ポスター発表B 、口頭発表ツール展示
 13:10-14:30   
発表
番号
題目 発表者 所属 資料
PB-01 楽しい青葉山・八木山フットパスづくリ~鉄総利用促進MMから交通まちづくり推進へ~ 岩﨑 裕直 公益財団法人仙台市建設公社
PB-02 東広島市におけるモビリティ・マネジメントの取組み 秋津 大介 東広島市健康福祉部高齢者支援課
PB-03 自転車左側通行ルールと自転車レーン理解を促す道路模型を用いた安全啓発の取り組み 村上 ひとみ 山口大学大学院創成科学研究科
PB-04 札幌市清田区の地域住民が利用者目線で考え実践した公共交通利用促進の取り組み 吉永 文彦 札幌市まちづくり政策局総合交通計画部  
PB-05 市役所職員を対象とした健康モビリティ・マネジメントの効果分析 佐々木 洋典 筑波大学大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻
PB-06 ベトナムにおけるバス利用促進MM―バイク依存からの脱却に向けて― 関 陽水 (株)アルメックVPI
PB-07 産官学民の連携・協働による、地域にふさわしい、住民目線で身の丈にあった持続可能なおでかけ交通「ぐるっと生瀬」の運行とまちづくり 山室 良徳 中央復建コンサルタンツ(株)計画系部門
PB-08交通事業者と連携した地域特化型モビリティマネジメントの展開 矢内 克志 京都市都市計画局歩くまち京都推進室
PB-09 NPO法人再生塾による10年間にわたる総合的な交通政策を担う人材育成と支援の取り組み 東 徹 一般社団法人システム科学研究所
PB-10 「気」が集まればなんとかなる!大鰐線復活への序章 伊地知 恭右 (一社)北海道開発技術センター
PB-11 小学校と連携したバスの乗り方体験教室の実施 芝崎 拓 一般社団法人北海道開発技術センター調査研究部
PB-12 高専生による小学生を対象としたエコ交通出前授業の構築と評価 野田 宏冶 豊田工業高等専門学校環境都市工学科  
PB-13 京都市における水素エネルギーの普及に向けた取組~燃料電池自動車「ミライ」を活用した有料カーシェアリング事業~ 秋田 基行 パーク24株式会社モビリティ研究所
PB-14 経路検索サービスを活用した渋滞区間の迂回訴求~抜け道探検隊~ 兒玉 崇 計画部調査課/阪神高速道路株式会社
PB-15 新たなモビリティ・マネジメント:「外出MM」と「活動MM」の可能性―活動格差社会の要因分析から- 平間 尚夏 筑波大学大学院システム情報工学研究科
PB-16 福井県におけるクルマに頼り過ぎない交通まちづくりの実践 川本 義海 福井大学学術研究院工学系部門
PB-17 公共交通の役割分担による乗継の壁をカバーする公共交通コンシェルジュと利用促進策 赤穴 真理 (株)バイタルリード
PB-18 経路検索におけるバス情報の充実に向けた取組 和田 庄平 国土交通省総合政策局交通計画課  
PB-19 商業施設と連携したバス待ち環境の改善プロジェクト 山本 隆志 国土交通省北海道運輸局交通政策部交通企画課
PB-20 外国人利用者に向けた公共交通の案内情報の共通化を目指した取り組み 児玉 健 京都バス株式会社
PB-21 バスロケーションシステムを活用したモビリティ・マネジメントの実施 大井 元揮 (一社)北海道開発技術センター
PB-22 クルマ中心の山梨県における"エコ通勤"への挑戦 三上 和宏 八千代エンジニヤリング株式会社大阪支店
PB-23 郊外キャンパスの路線バスの利用キャパシティの解明とその分散案の共創 司 隆 慶応義塾大学
PB-24 阪神高速道路におけるオープンデータ化による事故リスクマネジメントの取り組み 岩里 泰幸 阪神高速道路(株)保全交通部交通企画課
PB-25 地域人材による地域主導の公共交通利用促進に関する研究(第3弾)―地元高校生と地元大学生の協働による「大人の社会見学」事業の新たな展開に向けて― 阿部 幸記 大分大学経済学部経営システム学科交通論研究室
PB-26 NAVITIMEを用いた河津桜渋滞シーズンの伊豆スカイライン利用促進~プローブ渋滞予測と経路検索を用いた交通需要マネジメント~ 太田 恒平 ナビタイムジャパンメディア事業部  
PB-27 ビッグデータを活用した移動履歴調査と地元企業との協働によるバス路線の官民共同運行 道木 健 株式会社新日本コンサルタント
PB-28 《おでサポ》おでかけサポートクリエイターズ~バスデータの標準化と連携された多様な情報提供ツールの創造~ 若山 裕一 ITSアライアンス株式会社  
PB-29 柏原三丁目地区への路線バス乗り入れと「バス友」の誕生 洲脇 祐子 西日本鉄道(株)自動車事業本部  
 
 口頭発表2 『地域課題に挑むMM』
 14:30-15:30
【趣旨】 交通やモビリティを取り巻く環境も大きく変化し、そして社会が直面する諸問題も多様化してきています。モビリティ・マネジメントが、「社会にも個人にも望ましい方向へ自発的に変化することを促すコミュニケーション施策」という点では、公共交通利用促進や渋滞対策のみならず、様々な諸問題を解決しうる可能性を秘めています。 本セッションでは、MMを延長したチャレンジングな取り組みについて、話題提供をいただきます。話題提供を通じて、MMの新たな可能性を探っていければと考えています。
 
発表番号 題目 発表者 所属 資料
O-04 京都市中京区における防犯MM~「つくろう・安心・中京区」大作戦~ 東徹 (一社)システム科学研究所
O-05 行政とバス事業者の連携によるバス運転手確保への挑戦 伊地知恭右 (一社)北海道開発技術センター
O-06 JR廃止路線の復活に向けた住民主体の取り組み 大畠正彦 JR可部線利用促進同盟会
 
クロージングセッション
15:30-16:00

  ◇クロージング

  ◇次回開催地紹介


 全体スケジュールに戻る

 開催概要に戻る