第六回JCOMM発表資料


第六回JCOMMでの各発表についての

・発表概要
・発表資料 (パワーポイント/ポスター)

を、下記の通り、掲載いたします。


 プレイベント・オープニングセッション

 1日目【7月15日(金)】 
 10:00-12:00           プレイベント『八戸市における公共交通への取り組みと震災に関する報告』
◇ 基調報告 概要
発表
資料
「八戸における戦略的公共交通マネジメント」 吉田樹(首都大学東京助教・
     八戸市地域公共交通会議アドバイザー)
「モビリティ・センターを核とした公共交通活性化」 鹿島幸恵・川邊雅也・関下和裕
(八戸中心街ターミナルモビリティセンタースタッフ)
◇ トークセッション
「被災地からの報告〜公共交通の視点から〜」 話題提供:伊地知恭右
       (社団法人北海道開発技術センター)
トークセッションコーディネーター:吉田樹

 13:00-15:30           オープニングセッション
◇ 開会挨拶 石田東生(一般社団法人JCOMM理事長・
       筑波大学大学院教授)
小林眞(八戸市長)
 
◇ 被災地からの報告
「東日本大震災で被災した公共交通の復旧と課題
―仙台都市圏及び仙台市―」
岩崎裕直(仙台市都市整備局総合交通政策部長)
「東日本大震災による被災報告と”移動”に関する市民意識の変化について」 藤川優里(八戸市議会港湾振興・
       震災対策特別委員会委員長)
◇ 講演
「復興・防災とモビリティ・マネジメント」 藤井聡(JCOMM実行委員会幹事長・
     京都大学大学院教授)
◇トークセッション
岩崎裕直・藤川優里
(司会:藤井聡)
◇ JCOMM賞授賞式 JCOMMプロジェクト章/JCOMMデザイン賞

 平成23年度JCOMM賞受賞展示

 1日目【7月15日(金)】 15:40-17:00  2日目【7月16日(土)】 8:30-17:00
受賞者/連絡先
概要 発表
資料

金沢市内小学生を対象とした金沢番交通環境学習の継続的取り組み

金沢市都市政策局交通政策部歩ける環境推進課 他
観・感・環、「iKeko」で発見!いけだのまねきエコ
〜大阪池田市の地域通貨「iKeko」と連携したMMと,一連のMMパッケージ展開〜
特定非営利活動法人いけだエコスタッフ 他
広報おおたけ
大竹市(市民生活部市民課、総務企画部企画財政課)


広島市のノーマイカーデー運動支援WEBサイト
『マイカーのるまぁデーくらぶ』
広島市道路交通局都市交通部 他


 口頭発表

 1日目【7月15日(金)】
 17:00-18:00           口頭発表1 通勤MM    司会:牧村和彦(一般財団法人 計量計画研究所)
発表
ID
題目 発表者 (所属) /連絡先 概要 発表
資料
O-01 とよはしエコ通勤運動の実績と今後の展開 山口雅巳
(豊橋市都市計画部都市計画課)


O-02
松江都市圏におけるノーマイカーウィークの実施〜4年間にわたる職場MMの地道な展開による成果〜
飯野公央
(島根大学法文学部
 松江市公共交通利用促進市市民会議)

O-03
イグレス交通手段に自転車を利用したエコ通勤(「駅から自動車」の実験)について
國定精豪(公益財団法人豊田都市交通研究所)


 2日目【7月16日(土)】
 9:00-10:00           口頭発表2 MMによるマクロ効果            司会:藤原章正(広島大学大学院教授)
発表
ID
題目 発表者 [所属] /連絡先 概要 発表
資料
O-04
京都府全域を対象とした免許更新時モビリティ・マネジメントの継続的な取組と効果
土崎伸[(株)オリエンタルコンサルタンツ]

O-05
大学オリジナル交通情報ツールの作成と新入生への配布効果


加藤良彦[(株)パシフィックコンサルタンツ]
O-06
とやまレールライフ・プロジェクト:マスメディアとLRTを活用したMMの大規模展開
大門健一[(株)新日本コンサルタント]

 13:30-14:40           口頭発表3 ”まちなか活性化”とMM    司会:谷口守(筑波大学大学院)
発表
ID
題目 発表者 [所属] /連絡先 概要 発表
資料
O-07
観・感・環、「iKeko」で発見!いけだのまねきエコ
〜大阪池田市の地域通貨「iKeko」と連携したMMと、一連のMMのパッケージ展開〜

庄田佳保里[NPO法人いけだエコスタッフ]


O-08
新潟市都心軸ワンコインバス社会実験及びまちなかバス券
松田暢夫[新潟市都市政策部都市交通政策課]


O-09
京都市におけるシェアード・スペース社会実験 宮川愛由[(社)システム科学研究所]


 15:40-16:40           口頭発表4 非都市部での高齢者MM           司会:高山純一(金沢大学大学院教授)
発表
ID
題目 発表者 [所属] /連絡先 概要 発表
資料
O-10
モビリティをきっかけとした対話による中山間地の地域マネジメントの試み 神谷貴浩[山梨大学大学院医学工学総合教育部]

O-11
行動プラン法を用いた高齢者対象のデマンドバス利用促進施策
柳澤龍[東京大学大学院]


O-12
過疎高齢集落住民のモビリティ確保に向けた取り組み
〜福井市高須町における自治会輸送活動モデル事業〜
川本義海[福井大学大学院工学研究科]


 ポスターセッション

 1日目【7月15日(金)】 
 15:40-16:50           ポスター発表A
発表
ID
題目 発表者 [所属] /連絡先 概要 発表
資料
PA-01

岐阜県による樽見鉄道活性化にむけた支援
堀内重人[運輸評論家]



PA-02

通勤時の疲労に着目した低炭素通勤政策の検討
真坂美江子[徳島大学]




PA-03
高専生が考えた通期バスの改善提案

片山沙緒里[徳山工業高等専門学校専攻科]


PA-04

神戸市における継続的なESTの取組み〜H22年度における更なる発展〜
菅野孝[神戸市交通局営業推進課]





PA-05
地方都市内交通不便地域における公共交通活用策に関する産学官共同研究
〜大分市の事例から〜(フェーズ2)
小畑淳一[大分市都市計画部都市交通対策課]


PA-06

高梁市における高校生MMの導入効果
宮田勝土[高梁市市民生活部市民科交通係]


PA-07

地方中枢都市におけるインナーシティ住民の交通需要とMMの可能性―札幌市東区を事例として
今井理雄[駒澤大学・応用地理研究所]


PA-08
学生による自発的なモビリティ・マネジメント活動展開 〜弘前における公共交通情報と目的地としての地域情報の発信を目的とした情報誌「ほっと」発行について〜
大野悠貴[国立大学法人弘前大学人文学部]




PA-09
学生のバス利用と公共交通に対する意識に関する研究〜郊外部に立地する地方大学のバス利用を増やすにはどうすべきか〜
大井尚司[大分大学経済学部]


PA-10
地域別実践しやすさを考慮したモビリティマネジメント戦略の提案
大井元揮[(社)北海道開発技術センター]


PA-11
Webアンケートを活用した首都高速道路の利用促進に関する取組と効果
山口修一[首都高速道路(株)計画・環境部]


PA-12
連携によるモビリティマネジメント施策の推進要因と金沢都市圏での今後の展開 鈴木邦夫[北陸地方整備局金沢河川国道事務所]

PA-13
社員プロジェクトチームによるお客様満足度調査の実施と利用促進・顧客満足度向上の取り組み
中沢俊之[江ノ島電鉄(株)鉄道部]

PA-14
継続的なエコ通勤に向けた”エコ通勤支援サイト”の構築
花岡嘉一[(株)ライテック]


PA-15
「居住地検討段階」に対しても実施した転入者MM 近藤洋平[三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)]


PA-16
豊田市エコ通勤をすすめる会の取り組み―エコ通勤推進組織の活動と運営課題―
山崎基浩[公共財団法人 豊田都市交通研究所]

PA-17
大阪市におけるEVカーシェアリング事業の展開
山東信二[(株)オリエンタルコンサルタンツ]

PA-18
日本一のバスシステムを目指すマーケティングの取り組み―京都らくなんエクスプレス(R' EX)― 村尾俊道[京都大学大学院工学研究科]


PA-19
「地域の現実」がバス利用意識の活性化に与える影響
伊地知恭右[(株)北海道開発技術センター]

PA-20
平成22年度の当別町におけるMMの取組み
大井元揮[(株)北海道開発技術センター]

PA-21
ワークショップ型MM教育のための汎用ツール:宇治市ガリバーマップとその利用
鈴木春菜[山口大学大学院]


 2日目【7月16日(金)】 
 14:30-15:40           ポスター発表B
発表
ID
題目 発表者 [所属] /連絡先 概要 発表
資料
PB-22
小学校生活科及び社会科における交通環境学習(モビリティ・マネジメント教育)の可能性
岡本英晃[交通エコロジーモビリティ財団]


PB-23
バスネット:大学発バス経路探索システムの開発と進化
伊藤昌毅[鳥取大学大学院工学研究科]



PB-24
自治体、交通事業者の枠を超えた価値ある公共交通利用促進策『公共交通マップ』の完成! 出利葉洋臣[久留米市都市建設部都市デザイン科]

PB-25
交通ゲームの開発と実践概要について
永見正行[中央エンジニアリング(株)]


PB-26
ドライバーへの働きかけによる交通安全支援プロジェクトの取組み〜阪高SAFETYナビ〜
新井偉史[阪神高速道路(株)保全交通部]

PB-27
京都府における職場モビリティ・マネジメントの継続的な取組について
山本信弘[京都府建設交通部交通政策課]


PB-28
持続可能なコミュニティバス等導入に関する取り組み
〜さいたま市コミュニティバス等導入ガイドラインの策定を通じて〜

金内裕[さいたま市都市局都市計画部]



PB-29
京都府における継続的な学校向けモビリティマネジメントの取組について
小池彩[京都府建設交通部交通政策課]


PB-30
市営バスの利用促進の一環としてのモビリティ・マネジメント
松田孝之[大阪市交通局総務部企画課]


PB-31
京都市外からの転入者を対象としたモビリティ・マネジメント
酒井弘[(株)まち創生研究所]


PB-32
地方都市におけるモビリティ・マネジメントの継続状況と要因に関する研究
安部信之介[山口大学大学院]


PB-33
「クルマに頼りすぎない暮らし(スローライフ)」の実現を目指す
「スローライフ京都」大作戦(プロジェクト)の取組
大路健志[京都市都市計画局歩くまち京都推進室]


PB-34
山梨県のモビリティマネジメント実証実験の取り組みについて

深澤修一[山梨県県土整備部都市計画課]


PB-35
総合交通政策推進のための実務者育成の実践
―進化する再生塾・アフター再生塾がまちを変える―


村尾俊道[NPO法人
      持続可能なまちと交通をめざす再生塾]


PB-36
「八戸中心街ターミナルモビリティセンター」が有する可能性 伊地知恭右[(社)北海道開発技術センター]


PB-37 当別町におけるMM教育の実施
―2ヵ年の実施事例に基づくMM手法の効果検証―
大井元揮[(社)北海道開発技術センター]
PB-38 札幌圏におけるモビリティ・マネジメントの取り組み 大井元揮[(社)北海道開発技術センター]
PB-39 行政と事業者の協力による長距離通学者の負担軽減と定期券の利便性向上によるバス利用促進 野田悟[国際興業(株)運輸事業部]
PB-40 タクシー駐停車マナー向上に向けたモビリティ・マネジメントの取組 田中久光[(社)システム科学研究所]

 特別セッション 震災とモビリティ
 2日目【7月16日(土)】
 10:10-12:10 
◇ 報告 概要 発表
資料
東日本大震災後現場での緊急対応について 川瀧弘之(国土交通省東北地方整備局道路部長)
東日本大震災における首都圏の帰宅困難者に関する社会調査 廣井悠(東京大学大学院工学研究科助教)
復興まちづくりの中で公共交通がなすべきこと 中村文彦(横浜国立大学大学院教授)
災害に強い交通街づくり―水戸市の事例を踏まえて 宇都宮浄人(関西大学教授)
大震災による行動の変化に関する地域別アンケート調査について 忠井霞((株)サーベイリサーチセンター)
 クロージングセッション

 2日目【7月16日(土)】
 16:40-17:00           
◇ 総括 藤井聡(一般社団法人JCOMM専務理事・
     京都大学大学院教授)


◇ 予告 第七回JCOMM開催地から