第十三回日本モビリティ・マネジメント会議

the 13th Japanese Conference On Mobility Management

7月27日(金)
10:00~12:00

開催地企画

 「”やらかして”こそ見える豊田の未来」

◆講演

 栗本 光太郎 氏(豊田市都市整備部 副部長)

◆パネルディスカッション

 コーディネーター:松本 幸正 氏(名城大学 教授)

 パネリスト:甲村 尚義 氏(豊田市都市整備課)

       河木 照雄 氏(豊田まちづくり(株) 代表取締役)

       山崎 基浩 氏((公財)豊田都市交通研究所 次長)

       山下 裕子 氏(全国まちなか広場研究会 理事

       大藪 善久 氏((株)日建設計シビル 設計主管

12:00 開場
13:00~15:15

オープニングセッション

◆開会挨拶
 藤井聡((一社)日本モビリティ・マネジメント会議代表理事・京都大学大学院教授)

◆祝辞
 太田稔彦(豊田市 市長)

◆基調講演
 「高齢者が元気になるモビリティ社会を目指して~名古屋大学COIの豊田市における取組み~」
 森川高行(名古屋大学未来社会創造機構 教授)

◆特別講演
 「モビリティが実現する暮らしの豊かさ」
 豊島浩二(トヨタ自動車(株) 先進技術開発カンパニー先行開発推進部EV事業企画室 CE兼室長)

◆JCOMM授賞式

15:15~15:20 休憩(5分)
15:20~16:40 ◆ポスターセッションA(80分)
16:40~18:15

◆企画セッション

 「高度化する将来のモビリティとMMの展開」(95分)
コーディネーター:
 森川高行(名古屋大学未来社会創造機構 教授)
パネリスト:
 太田稔彦(豊田市市長)
 天野清美(つばめ自動車(株)代表取締役社長)
 豊島浩二(トヨタ自動車(株)先進技術開発カンパニー先行開発推進部EV事業企画室CE兼室長)
 藤井聡(京都大学大学院都市社会工学専攻教授 /(一社)日本モビリティ・マネジメント会議代表理事)

18:30~ 意見交換会
7月28日(土)  
8:40 開場
9:00~10:00 ◆口頭発表1「MMとオープンデータの活用」(発表3件)
10:00~11:00 ◆口頭発表2「高齢者のQoL(生活の質)とMM」(発表3件)
11:00~11:10

(休憩)

11:10~12:10

◆口頭発表3「健康とモビリティ・まちづくり」(発表3件)

12:10~13:10

(12:10〜12:40)

休憩・昼食(60分)

(JCOMM総会(30分))

13:10~14:30 ◆ポスターセッションB・口頭発表ツール展示(80分)
14:30~15:30 ◆口頭発表4「地域モビリティ改善にMMが果たしうる役割を再考する」(発表3件)
15:30〜16:00 ◆国土交通省より情報提供
16:00〜16:30

クロージングセッション

◆閉会挨拶

◆次回開催地より

16:30

閉会