クルマ利用と「事故」


ここでは、クルマ利用と「事故」について考えます。

 

『事故で、人生終わってしまうかも…』

「そんなことは滅多にないだろう…」と思われるかもしれません。ですが、冷静に考えてみましょう。

 

①3分の2のドライバーが、「事故でケガをさせて」しまう

人にケガをさせてしまう事故は、「人身事故」と呼ばれます。人身事故は、年間約100万件です。

クルマの利用人口(約5千万人(注1))から換算すると、普段運転しているドライバーが人身事故をする確率は、1年で2%です。

ところが、これから一生、例えば50年クルマに乗り続けると、一生のうちで「人身事故」確率は64%注2)になります。

つまり、3分の2のドライバーが、「事故でケガをさせて」しまうのです。

注1:「余暇開発センター」の調査より、「普段、クルマを利用する」人口を算定

注2:1 - [1-(100万人/5千万人)]50 = 0.64

 

②100人のドライバーのうち1人は死亡事故を起こす!

交通事故で亡くなる方の人数は、年間約1万人です。

先ほどと同じ計算でいくと、一生で死亡事故を起こす確率は、1%注)になります。

つまり、100人のドライバーのうち一人は、死亡事故を起こすのです。

この数字、少ないと思いますか?

注:1 - [1-(1万人/5千万人)]50 = 0.01

 

③300人のドライバーのうち1人は事故死する!

交通事故死のうち、約1/3が「運転者」です。

つまり、300人のドライバーのうち1人は、事故で死ぬのです。

 

④250人のドライバーのうち1人は、「人をひき殺して」しまう

逆に、交通事故死のうち、約4割が「歩行者・自転車」です。

つまり、250人のドライバーのうち、1人は、見ず知らずの人をひき殺してしまうのです。

 

もちろん、クルマ以外で「他人を殺す確率」は、これより格段に低いものです。

[出典]
国立公衆衛生院、および、(社)日本損害保険協会

お問い合わせ先(お問合せの際は、問合せフォームもしくはメールからお願いいたします)

一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議 事務局
〒615-8540 京都市西京区京都大学桂

(京都大学都市社会工学専攻藤井研究室内)

e-mail:info# jcomm.or.jp 

(メール送信の際は#を@に変更して下さい)