クルマの「維持費」


ここでは、 1000ccのトヨタビッツ(安い、小さな、燃費の良いクルマ)を例にとって、クルマの「維持費」について考えます。

 

クルマは、例えば、ご両親に買っていただいたりして、手に入れてしまえば、

キップも何も要らないので安いんじゃないか?、とお考えかも知れません。

ところが、クルマの維持費はバカになりません。

 

 

①持ってるだけで、一日 1,150円

クルマには、保険、税金、駐車場が必ず必要です。

トヨタビッツなら、平均して、保険が通常、一年18万、税金が一年7万です。

駐車場は京都市内なら月2万はしますが、安い所で月1万としましょう。

2年に一回、「車検」が義務づけられています。一年あたりで、約5万円(注)です。

以上で、合計42万円、つまり、全く乗らずに持ってるだけで 一日1,150円です。

注:ディーラーの車検費用だけです。税、保険は抜きの金額です。

 

②一生懸命倹約して乗って、一日 1,500円

さらに、普通に乗れば、ガソリン代はおおよそ年間10万程度はかかります。

時々高速道路を利用したり、都心の駐車場を利用することもあります。

そこそこ倹約しても、いくらなんでも、年間3万はかかります。

これらを考えると、合計で年間約55万、一日で1,500円かかります。

 

 つまり、持ってるだけで、   一日 1,150円

 一生懸命倹約して乗っても、  一日 1,500円

 倹約せずに乗ってしまうと、  一日 2,000円以上

 

も、維持費だけにかかってしまいます。

そしてクルマを買うお金や、事故のリスクや修理代、違反金等を考えると実際にはもっとかかります。

安いトヨタビッツ(95万円)でも、全ての合計(購入から廃車までの平均)で約500万円もかかります。

言うまでもありせんが、じてんしゃ、バスは、格段に安上がりです。

[出典]

科学警察研究所

お問い合わせ先(お問合せの際は、問合せフォームもしくはメールからお願いいたします)

一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議 事務局
〒615-8540 京都市西京区京都大学桂

(京都大学都市社会工学専攻藤井研究室内)

e-mail:info# jcomm.or.jp 

(メール送信の際は#を@に変更して下さい)